ピンサロとセクキャバの違いを理解してから風俗求人を検索する

2015-10-14

ピンクサロン、いわゆるピンサロも風俗の求人を見ていると募集している風俗店が多いです。このピンクサロンは、一つのホールの中で男性たちに性的サービスをするということで、ピンクサロンとセクキャバは呼び名が違っているだけで、仕事内容は同じだと思っている人が多いです。

■ピンクサロンとセクキャバは違う
しかし、ピンクサロンとセクキャバというのは、共通している点は個室ではなく、ホールに敷居を作って性的サービスをするという点だけで、サービス内容は全然違っているのです。ですから、同じ仕事内容なのだろうと思って、ピンクサロンの求人に応募をしてしまうと、後でこんなはずじゃなかったと思ってしまうかもしれません。

まずセクキャバの場合は胸を触られたりすることがありますが、あくまでもお触りのサービスであり、男性を射精させるための風俗ではないのです。ピンクサロンの場合は、男性にフェラチオをしたり、手コキをして最終的に男性を射精させることになります。

ですから、ピンクサロンのほうが、性的テクニックが必要になりますので、性的経験がある程度あるほうがいいということになります。

■給料面も違う
仕事内容も違っていますが、給料も違っています。男性に触られるセクキャバよりも、性的テクニックをしなくてはならないピンクサロンのほうが給料が高くなっているのです。

■まとめ
このように、ピンクサロンとセクキャバというのは色々な面で違っているといえるでしょう。セクキャバの場合は、初心者でも始めやすくなっている分、求められることも少ないですから、初心者向けの風俗といえますが、反対にピンクサロンは、性的テクニックがそれなりにある中級車向けの風俗の求人になっているのです。

Copyright© 2015年10月14日 風俗店の求人情報でも見る側の情報を見極める力が重要
http://www.monster-feed.com All Rights Reserved.